私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

自己啓発

自己啓発本を読む人と、毛嫌いする人の〝間〟にあるもの

こんにちは。 私は三年ほど前からたくさんの自己啓発本を読み漁ってきました。 自己啓発本を読んでいる人を嫌う人がいるのはなぜなのか。 今回はこのことについて書いてみようと思います。 ネットで読書についての記事などを読んでいると、自己啓発本をひど…

人生が劇的に軽くなるひと言〝FUCK IT〟「思い込み」をぶっこわせ!ジョン・C・パーキン/雲 黒斎(監訳) レビュー感想

インターネットで、欲しい本の関連書籍に出てきて面白そうだったので読んでみました。 一般にはお行儀の悪い言葉としてこの言葉は知られています。 FUCK ITはもともとは「セックスする」という意味だったらしいが、時代が進むにつれて意味の範囲が広くなった…

『頭のゴミを捨てれば、脳は一瞬で目覚める!』 苫米地英人 レビュー

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: コグニティブリサーチラボ株式会社 発売日: 2014/04/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 最近断捨離にハマっているので、タイトルに惹かれ読んでみました。 …

『人生の答えはいつも私の中にある』アラン・コーエン  レビュー

こちら数年前に買った自己啓発本。久々に読み返してみました。 この本の前後はやたらと自己啓発本を読んでいた時期なのですが、 冒頭に「自己啓発本はこれで最後になるだろう」と書かれています。 もう自分探しをする必要はなく、自分は最初から完全なのだと…

ー「最悪」は0.1秒で最高に変わるー『負の感情を捨てる方法』  中島輝

毎日が辛くて、どうしたら乗り越えられるのか、どうやっても辛さから逃れられないような時期に買った本です。 まずこの本を書かれた方の経歴と言うか、歩んできた道が凄まじいです。 五歳で里親の夜逃げから始まり、かなり低年齢の時に様々な精神病の発症を…

『気にしない練習』不安・怒り・煩悩を放念するヒント   名取芳彦    

こんにちは! 三笠書房出版の『気にしない練習』を読みました。 こんなタイトルの本を読むくらいなので私はとっても気にするタイプの人間です。 相手が何気なしに言った一言でもずっと覚えていて気にしてしまうそんな性分です。 この本は仏教の住職さんが書…

ドラマ〝嫌われる勇気〟が始まる前に、原作の『嫌われる勇気』を読む。

今年初の読書は、言わずと知れたアドラー心理学を説いた『嫌われる勇気』を読みました。これは結構著名な方の本を読んでいてもまぁよく出てくるタイトルですね。 私も数年前に師匠となる方に、読んでおいた方がいいと勧められたことがあります。 とにかく認…

先人の知恵ー道をひらくー松下幸之助

〝自分だけしか歩めない大事な道ではないか〟 他人の道に心をうばわれ、思案にくれてすくんでいても、道はすこしもひらけない。 道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。 心を定め、懸命に歩まねばならぬ。 それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩…

テレビは見てはいけない―――脱・奴隷の生き方―――苫米地英人

今回は、苫米地さんの本を読みました。 テレビ=巨大洗脳装置というよな考えを持ったのは、生まれて初めてです。 私自身、テレビで言われていることは当たり前で、正解なんだと思い込んで生きてきました。 2009年に発売と、結構前に発売されていています…

堀江貴文の「本音で生きる」

堀江さんの本は、一番最初に「ゼロ」を読みまして、 すっかりファンになってしまい、 他の本にはどんな感じの事が書いてあるんだろうと思い買った本です。 シンプルなんですが、心を惹き付けるタイトルです。 世の中の大体の悩みって、本音で生きられない圧…

『めんどくさがる自分を動かす技術』ーあなたの行動力を強化する50のコツー

めんどくさがる自分を動かす技術 作者: 冨山真由,石田淳 出版社/メーカー: 永岡書店 発売日: 2015/12/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 行動しようと思ってもなかなかやる気がでない、朝は起きれない、やるべきことが出来ないという人…

マイペースで働く!女子の一人起業 について。

2015年11月18日発売と、新しい本です。 感想は、思いのほかとても良い本だった。 表紙がブルーで可愛いです(^-^) ポイントは、 ・今の時代の女性の働き方について ・実際に起業した女性はどんな風に働いているのか ・マインドを保つ考え方 と、ページ数が180…

ロックフェラー お金の教え

ロックフェラー お金の教え 作者: ジョン・D・ロックフェラー,中島早苗 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2016/06/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る お金について、勉強しようと思い、今回はロックフェラーさんの本を読みました。 格…

ユダヤ人大富豪の教えⅡを読みました。

// 感想です。 本田健さんの本です。 Ⅰはもう何年か前に読んで、内容も頭に入ってます。 今回はⅡの方を読みました。もうⅠで十分かなと思ってたんですけど、何かでおススメの本と書いてあるのを見て、ちょっと試しに買ってみたんです。 正直、続編かぁ・・・…

海外に一度も行った事がないので、堀江貴文「君はどこにでも行ける」を読みました。

// 今日は堀江貴文さんの「君はどこにでも行ける」を読みました。堀江さんの本はこれで三冊目です。 一冊目に『ゼロ~何もない自分に小さな一を足していく~』 を読んでからこの方の考え方に共鳴してしまい、気になる本があれば購入して読んでいます。 一時…

本「となりの億万長者」を読んでみた。感想

今回は、「となりの億万長者」を読みました。 感想を一言でいうと、浪費家の私にとっては耳の痛い話ばかりでしたが、耳が痛いだけに、今の私にはとても必要な内容だったと思います。 億万長者がいかにして億万長者になったかという内容です。タイトルそのま…