無知から始める読書習慣

読んだ本の感想と日々の変化記録

『森田療法』岩井寛 読んだ感想

森田療法 (講談社現代新書) 作者:岩井寛 発売日: 2015/10/23 メディア: Kindle版 あがり症をどうにかしたかったため、以前から気になっていた森田療法を読んでみました。 この本は森田療法を創始した本人である森田正馬ではなく、もっと後に生まれた岩井寛と…

「内向型の生き方戦略」読んだ感想 ~社会から出て境地を開拓する~

その「社会維持型」の多数のための社会に馴染めないと、「〇〇病」とか「〇〇症」とかつけられてしまう。 これはもうめちゃくちゃ納得で、別にもし社会の枠にハマらずに、規定外でやっていいのであればわざわざ病名とかみんなつけられなくて済むのになと思っ…

人が増えすぎたから殺す?宮本百合子『鬼畜の言葉』読んでみた感想

「理想的なやりかたは、ひと思いに何千万を殺すか、自殺かだ。」〝ひとの命、自分の命の尊厳を知ること〟これはまさに現在進行形で胸に留めておかなければいけない言葉

短編小説『桜の森の満開の下』坂口安吾 感想ネタバレあり 青空文庫 

桜の森の満開の下 作者:坂口 安吾 発売日: 2012/09/14 メディア: Kindle版 坂口安吾の『桜の森の満開の下』という短編小説を読んでみました。 この小説を読む前に、梶井基次郎の桜の樹の下にはという短編小説を読んだのですが、どちらもパンチの効いたものな…

青空文庫〝桜の木の下には〟梶井基次郎  読書感想

夜暇だったので、何か小説を読みたいなと思い、kindleで探してみて見つけたのが「桜の木の下には」という小説です。 青空文庫なので0円で読めました。 桜の樹の下には 作者:梶井 基次郎 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 最近は明治時代や昭和初期の作…

小説『運転者ー未来を変える過去からの使者』読んだ感想 

かなり久しぶりの更新となってしまいました。 ここ数カ月全然本を読んでいませんでした。 たまには小説が読みたいなと思い、kindleで探していると何となくいい感じの本をみつけたので読んでみることに。 運転者 未来を変える過去からの使者 作者:喜多川泰 発…

読書『文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る』感想 レビュー

数年前ならば絶対に読もうとは思わなかったであろう「物理学」についての本を今回は読んでみました。 文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る 作者:松原 隆彦 発売日: 2019/02/16 メディア: Kindle版 目次を読んでみて面白そうだなと思ったことと、…