私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

笑とユーモアの心理学ー何が可笑しいの?-雨宮俊彦著 読書感想

人間って何で笑うんだろうという素朴な疑問からこの本を買って読んでみました。3500円と、結構なお値段のする本です。

人によって笑いのつぼって違いますが、そもそも人間はいつから笑うようになったのか、何のために笑うのか、というところが気になってしまい選んだ本です。

 

美しさは対象ではなく、それを見る人の心の中にある。

可笑しさについても「可笑しさも感じる人の心の中にある」と言えるだろう。

何を美しいと思えるのか、何を可笑しいと感じるのかは人それぞれ違います。

特にテレビ番組やお笑いはその国々でウケるものが違う。日本ではウケていても海外ではまったく通じないということはよくある。

 

年代によっても笑える部分が変わってくるような気がます。

一時期年配の方に綾小路きみまろが凄くウケていましたが私にはいまいちわかりません。私は秋山クリエイターファイルがツボでよく動画を見て笑っています。

 

モノマネ番組なんかは見ていても私個人的に笑えるところはなく、これを面白いと感じる人と感じない人の違いは一体なんなんだろうとか考えていました。

 

この本では主に感情心理学からの解明が試みられています。その他言語学、生理学など。フロイトダーウィンなど、色んな研究者の名前が出てきて、昔から研究されてきたことだというのはわかりました。

しかしまだまだ発展途上の分野で、まだわかってないことも色々とあり、これから花開いてく分野なんだなと思いました。

実験・研究内容などがふんだんに盛り込まれている本なので、読むのには結構時間がかかりました。

 

基本的には日本の笑いには『笑む』と『笑う』の二つに分けられ、笑むが声を伴わない笑い、笑うが声をともなう笑いとなっている。

 

特に『笑う』の方は行動を現した「揺すり笑い」「馬鹿笑い」「大笑い」

感情と関連した笑いは「泣き笑い」「はにかみ笑い」「照れ笑い」

社会と関連した笑いには「もらい笑い」「追従笑い」「愛想笑い」

更に攻撃的な笑いには「嘲笑い」「鼻先笑い」などがあります。

 (他にもまだまだ沢山あります)

さらにオノマトペを用いた笑いには

「ケタケタ笑い」「にこにこ」「へらへら」

この「にこにこ」という言葉を聞いただけで脳の視覚領域も活性化されるらしい。

 

ユーモアという言葉についてはラテン語由来で元々は体液とか気質の意味で用いられていて、その後権威を敬い、自己制御を重んじた中世では笑の的となる変わり者を指す言葉として使われていた。(いい意味では使われていなかったようです)

 

19世紀に入ってから、現代と同じように人を笑わせる才能のような意味で使われるようになった。時代背景と共に変化してきたところが面白い。

 

この本の中で『ジンバルドの堕天使効果』という言葉が出てきました。

例えばどんなものなのかとネットで調べてみたら、TEDで「普通の人がどうやって怪物や英雄に変貌するか」という動画があったので見てみました。

内容はもちろん面白かったのですが、最後で会場が一笑い起きていて、人を笑わせるという事は一つの知性だと感じました。

他のTEDとかを見ていても思いますが、笑いが起こると「さすがだな」と思ってしまう。

 

 

更にこの本にはどんな笑顔の時に顔のどこの筋肉が動いているか、

笑っている時には体は何が起こっているのかなど、身体的な笑いについても細かく書かれてあります。

 

くすぐりについても詳しくかかれてあって面白かった。

安心感のある相手にやられるなら笑いが生ずるが、見知らぬ相手だと苦痛でしかなく、実際に昔の拷問には「くすぐりの刑」というものがあったらしいです。

また、ネズミの超音波をしらべる実験でも、くすぐられるとポジティブな超音波を出したらしい。しかし、ネズミは人間やチンパンジーとは起源が違うのだそうです。まだわかってないことが多すぎて読むのが難しかった。

 

 笑いとユーモアの効用についても書かれてあり、難病が治った話や、ポジティブ感情が病気の予防や健康にプラスの効果があるのかというところまで書かれてありました。

インフルエンザのウィルスを投与し発病頻度を調べた実験ではネガティブ感情の程度が高い人ほど発症頻度が圧倒的に高かった。

さらに、ラットを使った実験では腫瘍を移植し、ストレスをかけたラットとかけなかったラットではストレスをかけたラットの方が死ぬ確率が高くなったのだそうです。

 

しかし息の長い追跡調査では子供の頃にユーモア度の高い子供は大人になってからそうでない子より早く死ぬということがわかりました。

理由は楽観的な子の方が、大人になってから飲酒や喫煙を好み、健康にも注意を払わない傾向にあるとのこと。

長寿だったのは生真面目な子だそうだ。

追跡調査など研究はまだ始まったばかりなので、これから先の時代に新たなことが色々とわかっていくのだと思います。

 

喘息については、笑いは逆に発作を誘発するなど、「とにかくなんでもかんでも笑いやユーモアにつなげればいい」というわけではないようです。

 

魚を使った実験では、慢性的なストレスを与えた結果無気力状態に入り、人間でいううつ状態になったそうです。

人間も同じで慢性化したストレスにさらされ続け、脳への影響が蓄積するとうつ状態に陥る。

しかしストレスも、受け取り方や対処の仕方でプラスに働くこともあるので、ストレスとうまく付き合っていくことの大切さがわかりました。

 

身体的病気から回復した人は、勇気や親切さ、ユーモアが増し、心理的な障害から回復した人は美的感受性と向学心が増したとの報告がある

 最後の章ではこのようなことが書かれていて、一番心に残りました。

 

総合的な感想は、私にはちょっと難しかったです。

というのも、専門用語や横文字の研究者の名前がふんだんに出てくるので、もともと知識がそれなりにある人や、普段からそうとうに本を読んでいる人向けの本だと思いました。それだけ質の高い本なので、読んで良かったです。

 

 

笑いとユーモアの心理学:何が可笑しいの?

笑いとユーモアの心理学:何が可笑しいの?

 

 

人生が劇的に軽くなるひと言〝FUCK IT〟「思い込み」をぶっこわせ!ジョン・C・パーキン/雲 黒斎(監訳) レビュー感想

インターネットで、欲しい本の関連書籍に出てきて面白そうだったので読んでみました。

一般にはお行儀の悪い言葉としてこの言葉は知られています。

FUCK ITはもともとは「セックスする」という意味だったらしいが、時代が進むにつれて意味の範囲が広くなったそうです。

 

 

冒頭部分

【FUCK IT】

その一言で、人生に苦痛をもたらしている執着を手放し、人生の流れに身を委ねてみよう。

【FUCK IT】

その一言を起点に、やりたくない事をやめて、ずっとやりたかったことを始めよう。

【FUCK IT】

と何かに向かって叫んでみよう。そして、そこにある自由と解放感を感じてほしい。その感覚を10乗した爽快感が、君の日常に流れ出したらどうなるだろう。

【FUCK IT】

さあ、僕と一緒に叫んでみよう。そうすれば、今のありのままでいることに幸せを感じられるようになる。

 

監訳の雲黒斎さんによると、「常識」や「当たり前」などといったものの中に潜む、ある種の集団催眠状態という呪縛から、洞察に優れたメッセージなのだそうです。

 

この本を読んでいて面白いのは、世の中で当たり前で通っているあらゆることに【FUCK IT】と言ってみようというもの。

何かにとらわれている時には軽くなる言葉です。

 

人間の苦痛のたいがいは、「執着」から生まれている

 世の中の問題や、うんざりするような出来事は、大体が人間がいつの間にかはまってしまう執着の問題です。

 

その執着を【FUCK IT】と言って手放してしまおう。

その言葉と共に毎度同じパターンの思考を払拭してしまおう。

 

やっちゃいけないと思い込んでたことをやってみよう

 これは限度があるとは思いますが、腐れ縁と縁を切ってみたり、食べるのを我慢していた物を食べてみたり。

 

私は休むことに罪悪感を覚えやすいので、最近は疲れたなと思たら思う存分休むようにしています。眠れるだけ寝たり、観たいだけ映画を観たり、音楽を聴いたり。

前だと自堕落だなと思ってやっていたことも、開き直ってやってしまった方が逆に調子がよくなる。

 

【FUCK IT】とお下品な言葉を使っていますが、内容はスピリチュアル寄りです。

しかしスピリチュアルが苦手な人が読んでも楽しい本です。

とにかくこの本はノリが軽い(笑)ノリが軽いので心も軽くなる。

 

真面目に順調に生きてきた人にとってはきっと心地の悪い本でしょう。

しかし、何かを突破したくて苦しんでいる人には、「突破するものなんて何もなかった」お思わせてくれるんじゃないかと思います。

 

FUCK IT 「思い込み」をぶっこわせ!: 人生が劇的に軽くなるひと言 (単行本)

FUCK IT 「思い込み」をぶっこわせ!: 人生が劇的に軽くなるひと言 (単行本)

 

 

 

『アスペルガー症候群の難題』井出草平    感想

ここ最近で頻繁に耳にするようになった〝アスペルガー症候群〟という言葉。

ネットなどでも一般常識から外れた書き込みや、相手のことを考えない書き込みがあると、簡単に「アスペルガー」といった言葉で罵ったりしている人もみられます。

 

前にユーチューブを見ていたら「アスペルガーと診断されました」と動画を公開している人がいました。

しかしその人の動画を見ても特に目立って人と変わって見えるところはない。

口頭では「こういうところが異常だ」などとは述べているものの、私にはイマイチ理解ができませんでした。

 

そこで、今回は本屋さんで見つけた〝アスペルガー症候群の難題〟という本を読んでみました。

 

内容は、【アスペルガー症候群と犯罪】についてに重きが置かれていました。

しかし、決してアスペルガー=犯罪を犯しやすいということが言いたいのではなくて、

アスペルガー症候群の特性を知り、犯罪が起きてしまった時にどう対処するか、事前の対策などの重要性、情報共有の必要性についてなどが書かれてあります。

 

 

【17歳の犯罪】という言葉が報道されるようになった時期があり、相次いで奇怪な殺人事件が起こり、理解不能な少年の殺人行為は世間を騒がせた。

「最近は凶悪な犯罪が増えた」という言葉が度々聞かれますが、犯罪が多かった時期は戦後が一番だそうで、率も今では五分の一にまで下がっているそうです。

 

犯罪の数は減ったかもしれないが、「犯罪の質が凶悪化しているんじゃないか」との考えに対しては、昔も今も凶悪な犯罪を犯すものは一定でいたということがデータを用いた説明でわかりました。

 

しかしアスペルガーの診断を下すには、幼少期の行動の観察が必要なので、昔の人物で残酷な行いをする人がいても、憶測では「アスペルガーなんじゃないか」と言えても診断を下すことはもちろんできない。

 

・神戸児童連続殺人

・大阪姉妹殺人事件

全日空61便ハイジャック事件

などの凶悪犯罪が例に書かれてあって、犯行当時の様子や、犯行後の少年が発した言動や考え方などがやはり一般とは違う思考回路を持っているんだなと感じました。

 

この当時から〝アスペルガー症候群〟という言葉がニュースなどでも出てくるようになり、今現在では逆に使われなくなったとのこと。

使われなくなった理由は、ちゃんとした知識を持っていない人が間違った情報を流したりして世間に誤解を与えてしまうから。

 

共感性の欠如や、家庭内暴力についてもかかれてあり、個人の問題とするのではなく、社会の問題として捉え、公的な支援をしいくべきだというところには納得しました。

しかし自分の子供が自閉症や精神病だということを受け入れられない親も多く隠したがる人も多いので、そこがネックなんだと私は思いました。

 

この本ではアスペルガーと犯罪との関係性について書かれてありましたが、アスペルガーの方は才能豊かな人も非常に多いと聞くので、今度はまた違った視点での本も読んでみたいと思います。

 

アスペルガー症候群の難題 (光文社新書)

アスペルガー症候群の難題 (光文社新書)