私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

堀江貴文の「本音で生きる」


堀江さんの本は、一番最初に「ゼロ」を読みまして、
すっかりファンになってしまい、
他の本にはどんな感じの事が書いてあるんだろうと思い買った本です。


シンプルなんですが、心を惹き付けるタイトルです。



世の中の大体の悩みって、本音で生きられない圧力が世の中にはかかっている事から発するものだと思います。



どうやったら、自分の思ったように、本音で生きられるのかが書いてある本です。





シンプルなんだけど、それがなかなかできない。
そんな人を堀江さんは理解ができない。


やりたいように、やればいいだけ。




その、やりたいことをやればいいだけが出来ない人のために細かく書かれてあります。





・先の事が不安で尻込みをしてるくらいなら、その場しのぎの言い訳はやめ、今すぐ一歩でも先に動いた方がいい

誰かに自分の人生の決定権を渡したくないのなら。