私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

絵本『ミリーのすてきなぼうし』レビュー

 絵本のレビューです!

絵本は子供の心を育てるのにとても重要なものと私は考えてます。

 

私は子供はいないんですが、じゃあどうして買ったんだと言われると『帽子が好きだから』タイトルと表紙を見た時にちょっと気になり買ってみました。

 

 

 

ミリーのすてきなぼうし

ミリーのすてきなぼうし

 

 

 

主人公のミリーは小さな女の子です。

一人で帽子屋さんに入ると一見怖そうな面持ちのスーツを着たおじさんがいます。

ミリーは欲しい帽子をそのおじさんの元へ持って行きますが、高額過ぎて買えません。

というか財布の中身はからっぽです。

 

するとその店長さんは、帽子をもっているフリをしてミリーの頭に帽子をかぶせます。

ミリーは満足して店を出ました。

 

 

気難しそうな顔をしている店長さんなので、最初はどうなるかと思いますが、子供にとって本当に大事なのは物を与える事ではなく、想像力を育む事と考えると、この店長さんは無償でとてもいいものをこの女の子に与えました。

 

 

 

 

良い店長さんでした。

 
f:id:op33:20180121133020j:image

 

 

 

その後、ミリーはその想像力の帽子で色々な想像をして自分好みの帽子をかぶって街を歩きます。

 

自分だけではなく、街を行く人々の頭の上にも様々な帽子をかぶっていることを想像しました。

人それぞれ全然違う帽子をかぶっています。

 

 

 

これは帽子の絵本ですが、私はこの絵本は人の脳内を表していて、人それぞれ考えていることは違くて、寂しい脳内の人がいれば自分の楽しい脳内を分けてあげることができるんだよというメッセージととらえました。

 
f:id:op33:20180121133113j:image

 

 

子供にとっても大人にとっても想像力を働かせることはとても大事です。

この絵本は想像力の大事さを教えてくれる本でした。

 

 

 
f:id:op33:20180121133145j:image