私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

『君の名は。アナザーサイドストーリー』 読み終え。

小説君の名はに引き続き、アナザーサイドストーリー。

瀧君、テッシー、四葉、父が主観になった話ですね。

三葉が出てこないのでどんなもんかと、ちょっと物寂しい感じもしたのですが、見当違い。素晴らしい内容でした。

素晴らしいってもんじゃないです。

これを読んだら間違いなく映画の深さが何百倍も増す。

もう一度映画館に運ぶ前にこの本を読んで良かったです。