私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

小説 『エコノミカル・パレス』 角田光代 おススメじゃない

もらった小説最後の一冊。

えー、こちらは一言で言うと、「私は好きじゃない」。

です。

下品だし、みすぼらしい。

私が嫌だと思った部分は

貧困、同棲、汚い、無職、依存、愚痴、

ですね。

 

早く読み終わりたかったので、流し読みしました。

愚痴を言いながら同棲を続ける主人公も、主人公に甘えて口ばかり達者な同棲相手も何で一緒にいんの?と終始思っていました。

発売日が2005年なので、まだ今より不自由だったのかなぁ。

 

「テキデン」とか言って適当に電話してくる男に引っかかる主人公。

終わり方も汚かったです・・・。この小説は一体何を伝えたかったのだろう・・・。

 

啓発本ばかり読んでいたので、この手のものは、ちょっと受け付けませんでした。

 

エコノミカル・パレス (講談社文庫)

エコノミカル・パレス (講談社文庫)