私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

『めんどくさがる自分を動かす技術』ーあなたの行動力を強化する50のコツー

 

めんどくさがる自分を動かす技術

めんどくさがる自分を動かす技術

 

 行動しようと思ってもなかなかやる気がでない、朝は起きれない、やるべきことが出来ないという人の為の本です。

 

朝は重いし、集中力はすぐに切れるし、行動を起こそうにも体が重いなんてこと、よくあります。

 

 

この本は、行動科学に基づいて書かれている本なので、

ちょっとしたコツで、サクサクと体が動くようになる方法が、50に分かれて書かれています。

 

 

あくまでも、メンタルどうのではなく、行動に重点を置いています。

 

 

 

動けない人の主なタイプが5つに分かれています。

 

自信過剰タイプ

いざとなればいつでもできると思い、先延ばしにする。

口癖は「まだ本気だしてないだけ」。

 

分析思考タイプ

理論を詰め込み、行動する前に満足してしまう頭でっかち。口癖は「あとはやるだけ」。

 

完璧主義タイプ

少しでもうまくいかないと、すぐにやめてしまう。

口癖は「今の自分には必要ない」。

 

承認欲求タイプ

「いいね!」と言われないと頑張れない。口癖は「自分は褒められて伸びる人間なので」。

 

現実逃避タイプ

行動する前から失敗した時の事を想像し、足がすくむ。口癖は「もしかして失敗するかも」。

 

 

 

 大事な部分に色付きの線がついていたり、イラストも馴染みやすいものなので、

とても読みやすかったです。