私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

無知過ぎた。『開業1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金』を読んで。

久しぶりの更新になりました。

 

 

開業から1年目までの 個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金

開業から1年目までの 個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金

 

 これです。

これを読むのに時間がかかっていました。

 

これは本というより、教科書みたいな感じで、ノート取りながら読んでました(*_*;

 

 

 

起業するぞ!と決めてから約一年。

税金などについて全くの無知だったので、とりあえずと、本屋さんで買ったのがこの本です。

 

 

 

正直わからない事だらけで読み終わるのにかなり時間がかかりました(;^ω^)

わからない言葉が出てきたら調べてノートに写してだったので、なかなか根気のいる数日でした・・・。

 

 

思った事は、「起業するまえに、もっと勉強しとけば良かった。あまりにも軽く考えていた」です(笑)

 

 

逆に言うと、ここまで何も考えずにいたからこそ、起業できたのかもしれません(笑)

 

 

 

 

個人事業とフリーランスの違いの説明から、青色申告社会保障制度、税金、消費税、人を雇う時にする事、などなど

 

あらゆる事が事細かに書かれていました。

 

 

 

これは、これから本格的にやっていくのであればかならず知っておかなければならない最低限の知識だなと感じました。

 

 

 

今は女子の一人起業ということで、ゆるゆるとのんびりやっていますが、いずれの事を考えると、今から知識として頭に詰め込んでおくべき内容です。