私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

マイペースで働く!女子の一人起業 について。

 

マイペースで働く! 女子のひとり起業 (DOBOOKS)

マイペースで働く! 女子のひとり起業 (DOBOOKS)

 

 今日はこれを読みました。

2015年11月18日発売と、新しい本です。

 

感想は、思いのほかとても良い本だった。

表紙がブルーで可愛いです(^-^)

 

 

ポイントは、

・今の時代の女性の働き方について

・実際に起業した女性はどんな風に働いているのか

・マインドを保つ考え方

 

と、ページ数が180Pでスラスラ読みやすい割には、とても内容の濃い本です。

これから起業したいけど、右も左もわからない人、

起業したはいいが、行き詰った人、

どちらにも参考になる内容だと思います。

 

 

女性は、柔軟性があり、もともと右脳を使って生きているので、マーケティングとかコピーライティングはそんなに必死に勉強しなくても、自然と出来てしまうという事が書いてあります。

 

確かに男性が書いたマーケティングの本など、いまいちしっくりしない感があったんですけど、この本を読んでなんでしっくりこないのかがわかりました。

 

 

なんか、今まで読んだマーケティングの本は小手先のテクニック的なものが多くて読み終わった時になんだかモヤモヤが残る感じがしたんですけど、

この本は読み終わったあとスッキリしますよ。

 

 

やはり、男性と女性とではビジネスの勉強を変えた方がいいかもしれませんね。

 

 

私は、男も女も自立した方がいいと思う派です。

 

この本に書いてあるのが、

「女性の考え方はどんどん進化し、可愛くありたい、でも自立してハンサムでもありたい。という二面性を持ち、それを全身で表現する人が増加中」

 

とありますが、この進化大賛成です。

 

 

 

本当に色んな働き方があり、色んな人の起業までの道のりや、開業資金のことなど、参考になることばかりです。

 

 

「となりの美しい白鳥はバタ足の達人」

どんなにスマートで、美人で仕事の出来る人でも、見えないところで、必死に頑張っているということですね。

 

 

どう男性に好かれるか、ばっかり気にしている女子より、自分のやりたいことを自由に生き生きと謳歌できる女性が増えますように(^-^)

 

 

その方が絶対に魅力的。

 

 

 

マイペースで働く! 女子のひとり起業 (DOBOOKS)

マイペースで働く! 女子のひとり起業 (DOBOOKS)