私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

『人を操る禁断の文章術』 DaiGo

人を操る禁断の文章術 メンタリズムで有名なダイゴさんの本です。 これは非常に参考になりました。 仕事のメールでどのような内容のものなら相手に響くのか、今すぐ行動に移ろうと思う文章が書けるのかなど色々なテクニックがぎっしりなので、 マーケティン…

『虹の岬の喫茶店』  森沢明夫  レビュー

虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫) 小説、虹の岬の喫茶店。 これも確か本屋さんにてタイトルと表紙がなんか良さげだな~と思って買ったもの。何気にもう三回くらい読んでいます。 あまり人目に付かないような場所で年配の女性が一人で喫茶店をやっているんだけど…

ー「最悪」は0.1秒で最高に変わるー『負の感情を捨てる方法』  中島輝

毎日が辛くて、どうしたら乗り越えられるのか、どうやっても辛さから逃れられないような時期に買った本です。 まずこの本を書かれた方の経歴と言うか、歩んできた道が凄まじいです。 五歳で里親の夜逃げから始まり、かなり低年齢の時に様々な精神病の発症を…

〝日本の風俗嬢〟 中村淳彦  感想

日本の風俗嬢 (新潮新書 581) 帯の35万人という数字に驚きなんとなく買っておいたもの。 風俗嬢について統計的に分析して実際の現場や女性のインタビューなども参考に書かれている本。 内容が内容なだけに少し重い感じがしますが、日本の貧困問題と切っても…

〝置かれた場所で咲きなさい〟 渡辺和子

神が植えたところで咲きなさい 「置かれたところこそが、今のあなたの居場所」 疲れ切っている時に読みたい本ですね。 「不平を言う前に自分から動く」 が今の私には響きました。 幸せを他人任せにしてはいけない。自分が積極的に動いて初めて幸せを手に入れ…

〝日本人が一生使える勉強法〟  竹田恒泰

タイトル通り、日本人向けに書かれた勉強法のススメです。 西洋の価値観で書かれた自己啓発本が腑に落ちない方に向けられています。 今までの地位や収入を一切捨て、二十七歳で作家を目指し、万年筆一本のみでニートもしくはヒッキーになった意外な過去をこ…

小説『黄金の庭』  高橋陽子  レビュー感想

本屋さんに行った時に、タイトルと表紙に惹かれ買った本です。 162ページだけど、ストーリーがしっかりとしています。 この小説もなかなかの独特具合です。 なんていったって、ありきたりで平凡な日常の中に、閻魔様や喋るオパールの指輪、動くしゃちほこな…

小説『スーツケースの半分は』  近藤史恵

スーツケースの半分は 作者: 近藤史恵 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2015/10/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (6件) を見る 本屋さんに寄ったときに表紙とタイトルに惹かれ買った本。 中身をちらっと見た時に、海外に憧れはあ…

児童文学『雨ふる本屋』  日向理恵子

雨ふる本屋 (単行本図書) 作者: 日向理恵子,吉田尚令 出版社/メーカー: 童心社 発売日: 2008/11/20 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (14件) を見る 本屋さんでなんとなく表紙とタイトルに惹かれての購入。 今回読むのは二回…

鉄道少女漫画  中村明日美子

鉄道少女漫画 作者: 中村明日美子 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2011/01/31 メディア: コミック 購入: 9人 クリック: 408回 この商品を含むブログ (123件) を見る 鉄道マニアではないのですが、タイトルと表紙の絵のタッチに惹かれ買った漫画です。表紙…

小説『そのときは彼によろしく』 市川拓司 感想・レビュー

そのときは彼によろしく (小学館文庫) 作者: 市川拓司 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2007/04/06 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 28回 この商品を含むブログ (87件) を見る 小説、『その時は彼によろしく』を読みました。 この作者さんは『いま、会…

『星の王子さま』 レビュー

星の王子さま (新潮文庫) 作者: サン=テグジュペリ,Antoine de Saint‐Exup´ery,河野万里子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2006/03/01 メディア: 文庫 購入: 24人 クリック: 119回 この商品を含むブログ (182件) を見る 星の王子さまを読みました。 「大人…

小説『TUGUMI』吉本ばなな  レビュー感想

夜中にひっそりと小説読んでいました。 知人から頂いたものなんですが、自分では選ばないだろう本を読むと、 全く違った価値観を得られたりするので悪くないです。 吉本ばななさんの小説です。 名前は聞いたことあるような・・・って感じです。 一瞬吉本のお…

小説『ちょうちんそで』 江國香織  レビュー

今日は、江国香織さんの『ちょうちんそで』のレビューです。 2013年発行。 これは、暇つぶしに本屋さんに行った時にたまたま発見した小説です。 本屋さんの書評が良いのと、表紙が凄く可愛いので是非とも読んでみたいと思い購入いたしました。 今回で読むの…

ホットロード    紡木たく

小説だけではなく味のある漫画もダイアリーにおさめていきます(^-^) 知る人ぞ知る名作、ホットロード。 ざっと説明すると80年代頃の不良な少年少女達の青春ラブストーリーなんだけど、これがなんとも切ない... 読んでると完全にこの世界に入ってしまうので要…

働く女の処世術―深澤真紀

・輝かない ・がんばらない ・話を聞かない 向上心や前向きに生きる姿勢は大事。 しかし長い人生。 ずーーっとそんな感じで生きていたら疲れてしまいます。 そんなちょっと疲れてきたなと言う時に読みたい一冊。 基本的に普通の自己啓発本とは逆の事が書いて…

『なぜかまわりに助けられる人の心理術』  メンタリストDaiGo

「人は、相手を好きだから何かしてあげようと思う」 「人は、何かしてあげたから好きになってしまう」 「好かれたいなら上手に”してもらう”ことが大切」 -本文より あれだけテレビで人を見透かす能力を持っているのだから、何か自分の知らない凄いことが書…

『伝え方が9割』 佐々木圭一

コピーライター佐々木圭一さんの『伝え方が9割』を読んでみました。 同じ内容なのに、伝え方次第で相手の「イエス」「ノー」が変わる。 伝え方にも技術があると気づいた著者さんのテクニックが詰まってます。 ・一度知れば、伝え方は一生あなたの武器になる…

『気にしない練習』不安・怒り・煩悩を放念するヒント   名取芳彦    

こんにちは! 三笠書房出版の『気にしない練習』を読みました。 こんなタイトルの本を読むくらいなので私はとっても気にするタイプの人間です。 相手が何気なしに言った一言でもずっと覚えていて気にしてしまうそんな性分です。 この本は仏教の住職さんが書…

これを読めば無知からでもわかる人工知能

前々から気になっていた「人工知能(AI)」について、これからの時代についていくべく知識として取り入れておきたいなと思い、買った一冊。 図解入門 最新人工知能がよ~くわかる本 (How-nual図解入門Visual Guide Book) 作者: 神崎洋治 出版社/メーカー: 秀和…

『宇宙につながると夢は叶う』浅見帆帆子

宇宙につながると夢はかなう~さらに強運になる33の方法~ 作者: 浅見帆帆子 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2009/04/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 3人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (9件) を見る 八年くらい前に購入したもの…

『君の名は。アナザーサイドストーリー』 読み終え。

小説君の名はに引き続き、アナザーサイドストーリー。 瀧君、テッシー、四葉、父が主観になった話ですね。 三葉が出てこないのでどんなもんかと、ちょっと物寂しい感じもしたのですが、見当違い。素晴らしい内容でした。 素晴らしいってもんじゃないです。 …

小説『君の名は。』

小説 君の名は。 (角川文庫) 作者: 新海誠 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー 発売日: 2016/06/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (40件) を見る 君の名はファンで映画館に何度も足を運んでいるのですが、そろそろ小説の方も読んでみよ…

父が子を誘拐。小説『キッドナップ・ツアー』 角田光代

キッドナップ・ツアー (新潮文庫) 作者: 角田光代 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/06 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (122件) を見る 小説です。 前回「好きじゃない」と言った角田さんのエコノミパレスですが、まさ…

『バカの壁』感想

読むの二回目。 一回目は知らない言葉もあり、読み終わるのに時間もかかったし、知らない言葉だらけだったので内容を理解するのに必死だったのですが、 今回はスラスラと読めてしまい、自分の成長具合を感じる事が出来ました。 橘玲さん同様、著者独特な内容…

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2013/08/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る 堀江さんの本を読むの…

常識に縛られ、夢を忘れた大人へ。『ソース』をおススメする。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。 作者: マイク・マクマナス,ヒューイ陽子 出版社/メーカー: ヴォイス 発売日: 1999/10/01 メディア: 単行本 購入: 38人 クリック: 244回 この商品を含むブログ (80件) を見る 今やっていることに対して「…

堀江貴文『ゼロ』何もない自分に小さなイチを足していく

とにかく一番のおススメ。 この方は何十年か、何百年か時代を先読みしているので2013年初出版だけど全然新しいです。 私が数冊読んだ堀江貴文著の中でも断トツです。 もしこれから起業するなら読んで間違いないです。 私も「起業・・・といえば・・・ホリエ…

小説 『エコノミカル・パレス』 角田光代 おススメじゃない

もらった小説最後の一冊。 えー、こちらは一言で言うと、「私は好きじゃない」。 です。 下品だし、みすぼらしい。 私が嫌だと思った部分は 貧困、同棲、汚い、無職、依存、愚痴、 ですね。 早く読み終わりたかったので、流し読みしました。 愚痴を言いなが…

小説 『美丘』 石田衣良

今回はまたもらいものの小説。2006年。 石田衣良さん。名前が女性っぽいのでずっと女性作家さんだと思い込んで読み終わりましたが、男性の作家さんでした。 美しい丘と書いて『美丘』。 病気で死んじゃう系の物語。正直なところ、これ系の物語は本もドラマも…