私の本棚  ダイアリー

読んだ本の感想と日々の変化

『アスペルガー症候群の難題』井出草平    感想

ここ最近で頻繁に耳にするようになった〝アスペルガー症候群〟という言葉。

ネットなどでも一般常識から外れた書き込みや、相手のことを考えない書き込みがあると、簡単に「アスペルガー」といった言葉で罵ったりしている人もみられます。

 

前にユーチューブを見ていたら「アスペルガーと診断されました」と動画を公開している人がいました。

しかしその人の動画を見ても特に目立って人と変わって見えるところはない。

口頭では「こういうところが異常だ」などとは述べているものの、私にはイマイチ理解ができませんでした。

 

そこで、今回は本屋さんで見つけた〝アスペルガー症候群の難題〟という本を読んでみました。

 

内容は、【アスペルガー症候群と犯罪】についてに重きが置かれていました。

しかし、決してアスペルガー=犯罪を犯しやすいということが言いたいのではなくて、

アスペルガー症候群の特性を知り、犯罪が起きてしまった時にどう対処するか、事前の対策などの重要性、情報共有の必要性についてなどが書かれてあります。

 

 

【17歳の犯罪】という言葉が報道されるようになった時期があり、相次いで奇怪な殺人事件が起こり、理解不能な少年の殺人行為は世間を騒がせた。

「最近は凶悪な犯罪が増えた」という言葉が度々聞かれますが、犯罪が多かった時期は戦後が一番だそうで、率も今では五分の一にまで下がっているそうです。

 

犯罪の数は減ったかもしれないが、「犯罪の質が凶悪化しているんじゃないか」との考えに対しては、昔も今も凶悪な犯罪を犯すものは一定でいたということがデータを用いた説明でわかりました。

 

しかしアスペルガーの診断を下すには、幼少期の行動の観察が必要なので、昔の人物で残酷な行いをする人がいても、憶測では「アスペルガーなんじゃないか」と言えても診断を下すことはもちろんできない。

 

・神戸児童連続殺人

・大阪姉妹殺人事件

全日空61便ハイジャック事件

などの凶悪犯罪が例に書かれてあって、犯行当時の様子や、犯行後の少年が発した言動や考え方などがやはり一般とは違う思考回路を持っているんだなと感じました。

 

この当時から〝アスペルガー症候群〟という言葉がニュースなどでも出てくるようになり、今現在では逆に使われなくなったとのこと。

使われなくなった理由は、ちゃんとした知識を持っていない人が間違った情報を流したりして世間に誤解を与えてしまうから。

 

共感性の欠如や、家庭内暴力についてもかかれてあり、個人の問題とするのではなく、社会の問題として捉え、公的な支援をしいくべきだというところには納得しました。

しかし自分の子供が自閉症や精神病だということを受け入れられない親も多く隠したがる人も多いので、そこがネックなんだと私は思いました。

 

この本ではアスペルガーと犯罪との関係性について書かれてありましたが、アスペルガーの方は才能豊かな人も非常に多いと聞くので、今度はまた違った視点での本も読んでみたいと思います。

 

アスペルガー症候群の難題 (光文社新書)

アスペルガー症候群の難題 (光文社新書)

 

 

 

 

『権威と権力』ーーいうことをきかせる原理・きく原理ーーなだいなだ著 レビュー

精神科医でもあった〝なだいなだ〟著の『権威と権力』~いうことをきかせる原理・きく原理~を読んでみました。

 

1974年と古い本ですが、中身がつまっていて面白く、読みやすいです。

現在でも無駄だと思われる権力がはびこっているというのに、この時代で既にこのような本が出ていたのは驚きです。

 

私はここ数年前までテレビによって暗示をかけられているという発想などなかったのに、この時代にもう既にテレビには色んな暗示にかかるようなことが仕掛けられているということが書かれてあります。

 

 

A君という高校生と著者との対話形式で、A君自身と一緒に〝権力とは何か〟を考えていくという過程が、強制的に教え込むのではなくいいです。

 

 

A君はクラスメートはもちろん、国民がバラバラでまとまりがないことに苛立ちを覚えています。

そこでA君がバラバラなクラスに必要なのは〝英雄〟もしくは〝強力な指導者〟だと考えます。

 

以前は決まりがあり、みんなそれを守っていた。

しかし、現在はみんなが自由気ままになり、決まりも守らなくなった。

A君は既存のルールを守る典型的な〝いいこ〟です。

 

 

ここで何故〝決まりを守らなくなったのか〟ということを考えると、

〝ある力が失われたからだ〟=権威の力が弱まったというところにいきつきます。

 

家では父親、学校では先生、国など。

確かに今ではサザエさんの波平のような父親はほとんど見かけません。

 時代遅れだとさえ言われています。

 

父親の権威などを主張していたA君に面白い問いをかける。

「女性には権威がないことになるのかな」

 この部分はフェミニスト気味な私の心を打った。

 

 

権威は個人の中にばかりあるものでなく、それ以外のところにもある。

大学の先生に権威を感じなくなったのは、昔に比べて誰でもなれるようになったから。

権威がなくなった先生は今度は何によって支配しようとするかというと権力という力に頼る事になる。

 

つまり、自発的に従わせるのではなく、支配する側が権力という力を使う。

 凄く腑に落ちるところで、学校などは特に〝従わせる〟傾向が強いと思います。

 

 

〝少年よ大志をいだけ〟でおなじみのクラーク博士は「規則はいらない」といって、

一年間その学校にいる間は規則がなかったが、よくまとまっていたらしい。

 

いなくなったその後に規則が出来た。

 

 

権力には人を簡単に信じ込ませる力がある。

権力がある人の言うことと、何もない人のいうことでは明らかにある人の方が信じやすい。

 そして権力と権威との違いとは・・・

権威は自ら進んで従う

権力は強制的に従わせられる

 となり、根本的に違うものとなります。

本来は自ら従うべきところを、色んな力を使って従わせる。

 

 

依存している人間の言うことを聞かなければならない。

というところには更にハッとさせられた。

 

 

親と子の間には必然的に依存関係が出来上がって(子供は自分では何もできないから)、

だから子供が大きくなるにつれて親という肩書を使い、言うことを聞かせようとする。

 

 

神と人間との関係もよく父と子との関係に例えられます。

全知全能と未完成のもの。そこに力の差が生まれ、場合によっては権力というものが発生する(ある種の宗教など)。

 

 

 

親と子、先生と生徒の間に権力が生まれる理由が圧倒的な知識の差であるとすれば、インターネットが登場した現代ではその知識の差が縮まってきたのではないかと思います。

 

第一の反抗期は「なんでもイヤ」という時期がくるが、これは「自分には意志がある」ということを主張したいためだとあります。

 

 

人間は果たしてバラバラのまま生きられないものなのだろうか

 

まとまって何かをしたいものもいればしたくないものもいる

 

したくないものまでやらせるとなったら、それは強制ではなかろうか

 

 

 

しかし未だにこの依存と権力の構造にハマり、身動きの取れない人のなんと多い事か。

かなり前の本ですが、時代が変わりつつある今でこそ読んだ方がいい本だと思います。

 

歪んだ支配構造ができやすい、 家庭、学校、会社のどれかがうまくいっていない人は一度読んでみると腑に落ちる本だと思いました。

 

 

権威と権力――いうことをきかせる原理・きく原理 (岩波新書 青版 C-36)

権威と権力――いうことをきかせる原理・きく原理 (岩波新書 青版 C-36)

 

 スポンサーリンク

 

 

【偶然】の統計学 デイヴィッド・J・ハンド 感想

〝考えれば考えるほど起こりそうにない物事が何故起こるのかについて語っていく〟

近代科学以前のはるかかなたに起源を持っている説明は時代遅れだとばっさり言い切っています。

 

例えば予言や神々心霊現象、シンクロニシティ、予知などなど。

 

空高く投げたボールが運悪くワイングラスの中に入った

 

こういう偶然が起こると人間は背後に謎のパワーがあると思いたがる。

それが、近代科学以前の迷信や予言などということになりますが、

 人が想像できない程の偶然が起こったとしてもそれは確立としては起こりえることで、奇跡や神の仕業ではないということです。

 

 

因果関係の表れであるパターンと、そうでないパターン(たんなる偶然)を見分ける。

ありえない出来事(いいことも悪いことも)が起こった時になんでもかんでも「背後に何かがある」と思ってしまうのはナンセンスだというところが勉強になり、

因果があることと、ないことの二種類があるということは心に留めておくべきだと思いました。

 

科学者の名前や法則などが頻繁に出てくるので ある程度それなりの知識を持っている人じゃないと難しい内容の本だと思いました。

「偶然」の統計学

「偶然」の統計学

 

 スポンサーリンク